たから針灸整骨院 埼玉県戸田市新曽の整骨院 予約優先 北戸田駅近く・腰痛・肩こり・寝違え・背中の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)・交通事故の治療(自賠責)・労災・しびれ・骨盤調整・産後の骨盤のゆがみ・整体

たから針灸整骨院

腰痛改善はこちら  048-446-4154
ホーム > 鍼灸 秋の健康キャンペーン★


 慢性腰痛
投稿:小関

またまた真面目なブログでこんにちは〜


さてさて、

日本の医学では慢性症状のほとんどが、

病院に行くとまずレントゲンやMRIを撮影し

構造上異常がなければ、痛み止めなどの薬や湿布で様子をみる
場合がほとんどではないでしょうか?


世界各国と比較しても、日本の慢性症状に対する治療は、

残念ながら遅れていると言っても過言ではありません。

私たち施術家が正しい情報をお伝えし、ご理解いただくことが慢性症状を
減らせることだと考えています。



整形外科や病院での診断は、

画像検査で骨・椎間板・軟骨などの構造異常が痛みの原因と考えています。

レントゲンやMRIでも異常がない場合、腰痛の原因がわからないのです


その為、「椎間板ヘルニア気味ですね〜」や


「脊椎間が狭いですね〜(背骨と背骨の間)これで痛みが出ています」と

言われる事が多いと思います。


以前のブログでもお伝えしていますが

ヘルニア=痛み、痺れ? 

神経が圧迫されていると痺れ?


もう誤った常識や、古い情報は捨て去りましょう!


世界各国では常識になっていますが、

痛みのない健康な人の76%にもヘルニアがある」という研究データが発表されています。

近年慢性的な痛みのメカニズムも少しずつ解明されてきまして、
心理・社会的な要因の1つであるストレスが大きく関与するのです。


例えば腰に刺激(腰部の筋緊張等)を感じると、痛みの信号が背中の神経を通って脳に伝わります。
どんな痛みも脳が感じていますからね。


脳の側坐核という部位が痛みを抑える物質を出すことで、必要以上の
痛み抑制するようになっています。

しかし、側坐核にストレスを受けると、機能が変化します。
痛みを抑える物質が少なくなり、痛みを感じやすい状態になってしまうのです。


このように脳が痛みを覚える→脳の学習記憶と言います。


これからも、正しい情報をお伝えしていきます。



腰痛、膝痛、肩痛は

北戸田駅前たから針灸整骨院

рO48−446−4154



2017年10月24日(火)

鍼灸 秋の健康キャンペーン★ >>
2017.10.25



はじめのページに戻る



たから針灸整骨院
〒335-0021 埼玉県戸田市新曽2002-12 市ヶ谷ビル1F
048-446-4154