たから針灸整骨院 埼玉県戸田市新曽の整骨院 予約優先 北戸田駅近く・腰痛・肩こり・寝違え・背中の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)・交通事故の治療(自賠責)・労災・しびれ・骨盤調整・産後の骨盤のゆがみ・整体

たから針灸整骨院

腰痛改善はこちら  048-446-4154
ホーム > むちうちについて

むちうちについて

「交通事故を受けた」「ぶつけた」その際に首を前後に振られて発生する症状全般のことをいいます。実際は「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」等の病名がつきますが、一般的には「むちうち症」と呼んでいます。

事故直後はアドレナリンが出ていたりする為、痛みを感じない事も多く、次の日や2〜3日して出てくることが多いのも特徴です。出てきても、「首の調子がおかしい」「やたらと肩が凝る」という感じで強い症状がでないこともあります。

上記のは軽度な症状の例であり、重度の症状では首の骨折、脱臼、それに伴う脊髄や神経を痛めてのシビレやマヒ症状があります。

症状として・・・
痛み首の後ろ、前部、側面、頭部、頚椎、腕)
凝り重い(首、肩、背中)
動かない(首が回らない、動かすと痛い)
めまい目のかすみ目の疲労感
吐き気息苦しさ
握力低下足や指先のまひ
・その他(だるさ、痺れ)




外傷性頚部症候群(頚椎捻挫型・頚部挫傷型)
首・肩・背中のコリや痛みなど、めまい手のしびれが出やすいのが特徴です。

神経根症状(椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症)
肩から腕に痛みがでたり、腕や手の一部に力が入らない感覚異常などの症状がでます。
痛みの程度は軽い物から耐えがたいものまで個人差があります。


バレー・リュー症候群
首の自律神経まで傷ついたケースです。めまい耳鳴り息苦しさ頭痛後頭部の痛みなどが出るほか、自律神経失調症のような症状も出ます。
耳鳴りや難聴、不眠や全身の倦怠感など、頸椎の損傷とは一見直接関係のなさそうな症状が出ることが多く、目のかすみや流涙、動悸や発汗、集中力の低下などもみられます。



脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)
脳脊髄液減少症とは、脳と脊髄せきずいの周りを満たす髄液が少なくなることにより、頭痛・めまい・首の痛み、全身の痛み、聴力・視力・味覚障害、倦怠感、自律神経症などがでます。
発見には、MRI、RI(放射性同位元素)脳槽シンチグラフィー、CTやMRIを応用した脊髄腔造影法(CTミエログラフィーまたはMRミエログラフィー)が有効です。
ただ、ここまで検査することもなく治療を終えてしまい、原因不明として何年も治らずに苦しむこともあり得ます。時間があるなら、検査をお勧めします。



脊髄損傷型
脊椎(背骨)の中を通っている神経を脊髄といいます。
脊髄は脳から出ている重要な神経で中枢神経系に分類されます。
脊髄損傷とは、この脊髄が交通事故により受けた衝撃や骨折により、損傷を受けることをいいます。
脳に近い部分を損傷する程、障害が大きくなり、また、一度損傷を受けると修復や再生がされることがありません。このように、脊髄損傷は、回復が見込めず、これから先の生活をずっと障害と向き合っていくことになります。今後、再生医療に期待されます。


完全麻痺型
脊髄を傷つけ、完全にマヒしている状態です。
損傷した部位より下がマヒして「全く動かない」「何も感じない」状態になります。
首で損傷した場合、首から下がほぼマヒします。



不全麻痺
不全麻痺は不完全な損傷で、椎体の脱臼や骨折を伴わない非骨傷性が大半であり、中心性頚髄損傷が代表的な傷病名ですが、その他には、前角障害や後角障害、ブラウン・セガール症候群、前脊髄動脈症候群、頚椎症性脊髄症などがあります。
どの部位で損傷したかにもよりますが、ある程度回復するものもあります。
ただ、何らかの後遺症が残るのが大半です。
中心性頚髄損傷では、両上肢に痛みや痺れ、麻痺の症状が出現し、排尿・排便障害ED障害を伴うこともありますが、下肢に目立った症状はなく通常歩行が可能です。
上肢に大きな麻痺がないときは軽傷に見えることなどから、医師の理解や協力を得ることが困難です。特に、画像所見に乏しいときなどは、単なるムチウチと診断され、保険会社も短期間で治療を打ち切るなどをします。後遺障害の立証には大変苦労しています。










たから針灸整骨院
〒335-0021 埼玉県戸田市新曽2002-12 市ヶ谷ビル1F
048-446-4154